アドセンスで広告掲載率テストを実施!収益の改善を目指す

広告 テスト
この記事は約3分で読めます。

こんにちは。

2019年8月の収益がただでさえ少ないのに前年よりも下回ってしまい、ピンチに陥りました。

AdSenseの一致率の改善に乗り出しただけでなく、Google広告ユニットの配置を変えるなど思いつく限りの対策を講じています。

そこでテストの実施にも取り組んでみようということで本日より広告掲載率テストの実施を開始しました。

Google AdSenseのテストには二種類あります。

ブロックのコントロール
広告掲載率

今回は広告掲載率のテストを実施しますが、ブロックのコントロールについても後日実施してみようかと検討しています。

実施開始日2019年8月28日(水)
テストの種類広告掲載率
テストの内容広告掲載率を100%から90%に

とりあえず一週間実施してみて様子を見てから採用するか判断します。

スポンサーリンク

広告掲載率のテスト状況の記録

google ads
一週間の経過を記録していきます。

アドセンスの規約に引っかかるかもしれないので、大まかな数字で書いていきます。
8月28日(水)
テスト実施開始
8月29日(木)
テスト二日目。(アドセンスには一日目と表示されています。)
表示回数 0回→1000回未満 残り日数 保留→88日
データの収集中
※この日から最適化の項目の表示が一部変更になっていました。
8月30日(金)
テスト三日目。(アドセンスには二日目)
表示回数 2000回以上 残り日数 77日(88日まで戻る)
8月31日(土)
テスト四日目。(アドセンスには三日目)
表示回数 3500回以上 残り日数 68日(86日まで戻る)
9月1日(日)
テスト五日目。(アドセンスには四日目)
表示回数 5000回未満 残り日数 65日(のちに70日あたりに変動)
9月2日(日)
テスト六日目。(アドセンスには五日目)
表示回数 6000回未満 残り日数 65日(のちに70日あたりに変動)
9月3日(月)
※オリジナルは表示なし パターンの数値が初めて加算。+55%(現在の最高推定値)
テスト七日目。(アドセンスには六日目)
表示回数 7000回 残り日数 65日(のちに73日あたりに変動) パターンの数値 +17%(現在の最高推定値)
9月4日(火)
テスト八日目。(アドセンスには七日目)
表示回数 8500回 残り日数 60日
※オリジナルは表示なし パターンの数値が初めて加算。+29%(現在の最高推定値)

アドセンス画面には七日間と表示されたので記録はここで終了しますが、引き続き経過を見守っていきます。

今後、1か月を目安に結果を追記していきます。

テスト終了後の結果について

前の項目で一週間分の記録について書きました。

最終的な結果については大まかな数字で示します。

日数60日以内で完了
表示回数10万回未満
収益20%ほど減収

途中省略ではありますが、テスト終了まで様子を見守っていたら最終的には元の設定つまり掲載率100%に決定しました。

たいしてページビュー数も多くないので、掲載率は100%のままにしておいた方が無難かもしれないですね。

まとめ

広告掲載率のテストについて言えば、収益の高い広告に限って掲載できるようにしておきたいと考える人が多いかもしれません。

私のようにページビュー数が多くない場合は100%のままにしたほうがよいと思います。

たとえ1クリックの金額が少なくても収益には変わりないので。

もっとページビュー数が多くなったら(だいたい月10万PVくらい?)改めてテストしてみるのもよいでしょう。

コメントをどうぞ

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました