Ubuntuで使うファイルマネージャーはどれがおすすめ?

Ubuntu ファイルマネージャ
この記事は約5分で読めます。

こんにちは。

LinuxではUbuntu以外でほとんど使ったことがないのですが、必要不可欠なアプリケーションとしてファイルマネージャーが挙げられます。

Ubuntuソフトウェアのカタログにもいろいろな種類のファイルマネージャーが登録されていますが、どれが使いやすいというか、おすすめなのか迷ってしまいます。

スポンサーリンク

Ubuntuのファイルマネージャーおすすめ3選

いろいろなファイルマネージャーがある中で、個人的に良さそうなものを選んでみました。

これから使ってみようという人のお役に立てば幸いです。

Ubuntuにあるファイルマネージャー

Ubuntuソフトウェアのカタログに登録されいるファイルマネージャーについて見ていきます。

また、同じファイルマネージャーでもディストリビューションによって若干デザインが異なります。
(たとえば、UbuntuとUbuntu Studioで同じNautilusでも違うということ。Ubuntu Studioのデスクトップ環境がXfceだから。)

Nautilus(デフォルト)
PCManFM
Caja
Peony
Thunar
Dolphin
Nemo
など

Nautilusとは

Nautilus
デフォルトではNautilus(ノーチラス)がインストールされていて、これはこれで見やすくて使い心地が良いのでおすすめではあります。

細かく言えば、UbuntuのバージョンアップにともなってNautilusも仕様変更となりました。

以前までグローバルメニューが使えたのに廃止されたので見た目にスッキリはしているものの、タブを追加したい時の操作が少し面倒な点があります。

Nautilusには他のファイルマネージャーと違って様々なエクステンション(拡張機能)が用意されていて、好みに応じて追加することが出来ます。

SynapticやUbuntuソフトウェアで「Nautilus」と検索すれば、関連した拡張機能が表示されます。

表示される拡張機能はSynapticの方が多いですが、UbuntuソフトウェアではNautilusの表示画面下に「アドオン」と書かれた項目があり、チェック印を入れれば機能が追加されるようにもなっています。

シンプルで使いやすい
webpの画像は表示されない

PCManFMとは(GTK/Qt)

pcman-fm-gtk
そこでNautilusのデメリットを補ってくれるファイルマネージャーとしてPCManFMというファイルマネージャーをおすすめします。

Wikipediaによると、開発したのは台湾出身の洪任諭という人物。

NautilusやDolphine、Thunarを置き換えることを目的に開発されたファイルマネージャーであると書かれています。

アイコンの表示方法を変更したいとき、アイコン表示・サムネイル表示・コンパクト表示・詳細リストの中から選びます。

たとえばアイコン表示に設定したら、サイズを変更する場合は4つのサイズから選べます。

96×96
72×72
48×48
32×32

グローバルメニューなので操作をしたい項目がすぐに探せます。

サイドペインにはよく使うフォルダをブックマークさせてすばやくアクセスできる機能もあります。

メニューバーの「表示」にある「Split View」項目にチェックを入れるとウィンドウが二分割されます。

複数のフォルダを同時に作業するには最適な機能といえるでしょう。

PCmanFMにはエクステンション(拡張機能)は用意されていません。

GTK版とQt版の2タイプがあり、下記はQt版です。
pcman-fm-qt
見やすさや使い心地に関してはGTK版の方がよいのですが、WebP画像のサムネイルが真っ黒で表示されるのが欠点です。

サイドペインによく使うフォルダをブックマークできる
gtk版だとwebp画像のサムネイルが表示されない

Thunarについて

Thunar
Thunar(ソナー)の外見はPCManFMに似ている感じです。

Xfceデスクトップ環境向けに開発されたファイルマネージャーといわれています。

たとえばUbuntu Studioではデフォルトで設定されているファイルマネージャーです。

Thunarには7種類ですがエクステンション(拡張機能)が用意されています。

Bulk Renamer
一度に複数のファイルの名前を変更します
Custom Actions 一般的なmimeタイプまたは拡張機能に関連付けられたカスタムコマンド
Archive Plugin (thunar-archive-plugin) アーカイブファイルを作成および抽出できます
Media Tags Plugin (thunar-media-tags-plugin) ID3タグのサポートが改善されました
Shares Plugin (thunar-shares-plugin)ルートアクセスを必要とせずにSambaを使用してフォルダーをすばやく共有する
Volume Manager (thunar)Thunarでのリムーバブルデバイスの自動管理
VCS Plugin (thunar-vcs-plugin)コンテキストメニューにSubversionおよびGITアクションを追加します

※出典:XFCE公式サイト内にあるThunar項目より(Google翻訳で日本語訳)

特にデメリットらしきものもないので、好みの問題かも
webp画像のサムネイルが表示される

[ad]

その他のファイルマネージャー

上記で取り上げたもの以外で気になったファイルマネージャーを紹介します。

Double Commander

左右の二画面で操作ができるのですが、メニューに専門用語が多く使われているのでハイクラスなファイルマネージャーといえそうです。
DoubleCommander

Nemo

Ubuntu20.04にはデフォルトでインストールされているファイルマネージャーです。

メニューバーの「表示」にある「エクストラペイン」にチェックを入れるとウィンドウが二分割されます。
Nemo

まとめ

いろいろな種類のファイルマネージャーがありますが、どうせ使うなら使い勝手のよいものを選びたいものです。

ただ、人によって好みに違いがあるのでいくつか試してみて自分にあったものを使えばよいのかな、と思います。

スポンサーリンク
PCubuntu
管理者について
Y2

2014年7月よりブログ開始。
2015年6月よりGoogle AdSenseに参入。
インターネットを使ったお金の稼ぎ方やPCに関する作業記録も紹介。

ネットでお金を稼ぐ男のブログ

コメントをどうぞ

トップへ戻る