UbuntuにBraveウェブブラウザをインストールする

Brave web browser
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

こんにちは。

今回はUbuntuで利用するブラウザで、新しいものを見つけたので紹介します。

Brave Web BrowserというものでChrome系のブラウザです。

このブラウザは通常ウィンドウとプライベートウィンドウ、Torによるプライベートウィンドウの3種類のウィンドウが使用できるというものです。

詳しい特徴については以下に説明していきます。

スポンサーリンク

Braveをインストールする

まずはBraveをインストールするために公式サイトへアクセスします。

Brave: プライバシーを重視した高速かつ安全な次世代ブラウザ | Brave Browser | Brave Browser
The Brave browser is a fast, private and secure web browser for PC, Mac and mobile. Download now to enjoy a faster ad-free browsing experience that saves data a...

利用できるのはWindows(64bit/32bit)、MacOSとLinuxです。

ただし、Windowsでは64bitと32bitが提供されていますが、Linuxでは64bitのみなので注意が必要です。

今の場合はUbuntuにインストールするわけですから、Linuxを選択します。

Linuxで使えるディストリビューションは、以下のとおり。

Debian
Ubuntu
Linux Mint
Fedora
CentOS
Red Hat Enterprise Linux
OpenSUSE

提供されているパッケージをダウンロードしてインストールするわけではなく、コマンドによるインストールになります。

以下のコマンドは、Debian・Ubuntu・Linux Mint共通です。

sudo apt install apt-transport-https curl

curl -s https://brave-browser-apt-release.s3.brave.com/brave-core.asc | sudo apt-key --keyring /etc/apt/trusted.gpg.d/brave-browser-release.gpg add -

echo "deb [arch=amd64] https://brave-browser-apt-release.s3.brave.com/ stable main" | sudo tee /etc/apt/sources.list.d/brave-browser-release.list

sudo apt update

sudo apt install brave-browser

これで無事にインストールが完了します。

PC版だけでなく、モバイル版も提供されていて、Google PlayとApp Storeにアプリがありますのでモバイルユーザーへの配慮もうかがえます。

Braveの特徴について

公式サイトの説明にもありますので重複してしまいますが、Braveのおもな特徴についてみていきます。

Torブラウザが標準搭載されている

これまでのウェブブラウザにはたいてい通常ブラウザとプライベートブラウザの2種類が用意されているかと思います。

Braveには元からTorによるプライベートブラウザが利用できるので、さらなるプライバシー保護が期待できます。

とはいえ、100%安全かといえば断言できないかもしれませんが…。

広告ブロッカーが標準搭載されている

広告ブロッカーが通常装備として組み込まれている点も見逃せません。

どのくらいの精度を誇るのかは不明ですが、場合によっては広告ブロッカーを無効にしてAdBlockやGhosteryなどに変更してもいいかもしれません。

できるだけ拡張機能を少なくしたいのであれば広告ブロッカーを使い続けてもよいかと思います。

ページの読み込み速度が最大3倍

公式サイトには、ページの読み込み速度が最大で3倍であると書かれていますが、違いがよくわからないのが正直なところです。

モバイルでChromeやSafariでは2〜8倍、PCではChromeでは2倍のスピードで読み込むとのことです。

広告を表示することで報酬が得られる

Brave Rewards Ads
やはり一番の特徴といえるのが、この「広告を表示して報酬が得られる」点ではないでしょうか。

これまでどんなブラウザにも備わってなかった画期的な機能だと思います。

Brave Rewards機能を有効にするかどうかは簡単に設定できます。

報酬はドルで換算されるので、金額は変動します。

自動支援をオンにすると訪問したサイトに自動的に報酬の一部が分配されるシステムになっています。

もし支援したいのであれば、デフォルトのままで良いかと思います。

報酬が分配されるタイミングは月初めでした。(私の場合)

報酬が確定して取得するときには以下の通知が表示されます。
Brave Ads
ただし、注意点があります。

もしUbuntuをクリーンインストールあるいはBraveをインストールし直すことがあった場合。

今までの報酬がクリアされてしまうので、気をつけましょう。

バックアップすることができるのですが、ブラウザのヴァージョンアップに伴ってなのか回復キーが表示されなくなってしまいました。

私は過去のヴァージョン時に回復キーを保存しておいて入力したのですが、前月分のデータのみが回復しただけで前月以前のデータは消えました。

まとめ

私は今までSRWare Ironをメインにして利用してきましたが、最近ではこのBrave Web Browserも使うようになりました。

どのブラウザにも長所・短所があるかと思いますが、いろいろ使ってみて本当に自分にとって使いやすいブラウザを見つけるために試していきたいです。

Chrome系の派生ブラウザであるSRWare Ironのインストール記事はこちらです。

UbuntuにSRWare Ironをインストールする
こんにちは。令和最初の投稿です。 今回の記事ではUbuntuにSRWare Ironブラウザをインストールする方法...
スポンサーリンク
PC ubuntu
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
管理者について
Y2

2014年7月よりブログ開始。
2015年6月よりGoogle AdSenseに参入。
インターネットを使ったお金の稼ぎ方やPCに関する作業記録も紹介。

ネットでお金を稼ぐ男のブログ

コメントをどうぞ

トップへ戻る