AMPページでAdSense広告を表示させるには

AMP AdSense
この記事は約2分で読めます。

こんにちは。

いま運営しているブログでAMP対応させてから、ほぼAMPページへの流入が中心になっています。

AMPページにはAMP専用の自動広告以外にも通常広告ユニットも設置しています。

AMP自動広告は管理画面の「広告」→「自動広告」→「AMP自動広告」でON/OFFするだけで設定できます。

ただ、通常ページで使っている広告ユニットをAMPページで使うためには少し工夫がいります。

これからの内容は無料テーマ「Cocoon」の場合なので、他のテーマでは違う場合もあります。

CocoonでAMP広告を設定するには

リンク広告を使うときはウィジェット設定画面で「表示設定」→「ウィジェットの表示」で表示させるページで「AMPページ」にチェックを入れます。

これで有効化されて表示されるのですが、通常ページと違って正常に表示されません。

横二列にリンク広告が出ますが、縦に五列表示されてしまいます。

AMP用に微調整するには、ウィジェットにカスタムHTMLを使います。

<amp-ad
layout="fixed-height"		
height="100"
type="adsense"
data-ad-client="ca-pub-xxxxxxxxxxxxxxxx"
data-ad-slot="7164040364">
</amp-ad>

heightを100に設定することで通常ページと同じような表示になります。
(縦二列にリンク広告が表示される)

data-ad-clientのca-pub以下の数字はアカウントで使用しているコードを入力してください。

まとめ

2019年8月30日現在では、AMPページへの流入自体が減ってきたので、それにあわせてAMP広告も関連コンテンツのみにしました。

AMPページへの流入が再び増えてきたら元に戻そうかと考えているので、現在は様子見しています。

コメントをどうぞ

トップへ戻る