UbuntuでWebPが変換・閲覧できるアプリについて

Ubuntu WebP

こんにちは。

先日はUbuntuのファイルマネージャーでWebP画像のサムネイルを表示させる方法について書きました。

今回はUbuntuでWebP画像に変換したり、閲覧ができるアプリケーションを紹介します。

こちらの記事も合わせてどうぞ。

UbuntuのファイルマネージャでWebPのサムネを表示させる
こんにちは。 今回は新しい画像フォーマットとして有名なWebPに関する記事を書きました。 jpgやpngが主...
スポンサーリンク
スポンサーリンク

UbuntuでWebP画像を変換・閲覧する

まず閲覧できるアプリケーションについて。

gThumb
XnView Multi Platform
LXImage
Gimp
ImageMagick

これらは特に設定することなく普通に閲覧できます。

変換するアプリケーションについて。

Converseen
XnView
Gimp
gThumb

他にはこういうのもあります。

Chrome拡張機能としてWebP画像に保存できるというものです。

WebP Image Converter

WebP-Thumbnailerというアプリケーションをインストールして変換することもできます。

現在のところサポートされているのが18.10(Cosmic Cuttlefish⁠)までですが、20.04でも作動しました。

アプリを起動させて画像をドラッグすると変換されます。
https://launchpad.net/~atareao/+archive/ubuntu/thumbnailers/+packages

ファイル名はwebp-thumbnailer (0.0.2-0extras15.04.0)。

パッケージリストの一番最後にwebp-thumbnailerの項目があるので選択します。

15.04から18.10まで同じヴァージョンなので、どれを選んでも問題ないかと思われます。

.debを選んでダウンロードし、インストール。

対応していないアプリ

以下のアプリは対応していないので、WebP画像は表示されません。

ただし、webp-pixbuf-loaderをインストールすると表示が可能に。
Shotwell Viewer
Eye of MATE画像ビューア(webp-pixbuf-loaderをインストールすることで表示可能)
画像ビューア(=Eye of GNOME)(webp-pixbuf-loaderをインストールすることで表示可能)

スポンサーリンク
PCUbuntu
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ネットでお金を稼ぐ男のブログ

コメントをどうぞ

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました