エックスサーバーで501エラー発生!その対処法とは

wordpress
この記事は約2分で読めます。

こんにちは。
現在、私は当ブログ以外にもWordPressでブログを運営しています。
ところが先日、あるプラグインの設定を変更しようとしたら501エラーが表示されたのです。
今回はWordPressで501エラーが表示されたときの対処法について備忘録として書き留めておきます。
ネットで調べてみると私のように501エラーが表示されたという人が意外に多かったです。
ただ症状は人それぞれで、記事の下書きが更新できないとか管理画面でURLを変更したらエラーが出たなどです。
プラグインが原因でエラーが出たという人が見当たらなかったですけど。
エラーが出たプラグインは「Count Per Day」というアクセス解析を行うプラグインで重宝しています。
設定画面を変更して保存ボタンを押したら501エラーが表示されたのです。
原因はエックスサーバー側でXserver WAF設定でonにしていたことです。
ネットにはWAF設定の中でXSS対策の項目をOFFにすれば回復する、とありました。
ところがXSS対策だけをOFFにしても解消されなかったので、メール設定以外の項目をOFFにしてようやく回復しました。
WAF設定は設定項目を変更したらおよそ1時間たたないと反映されません。
WordPressのセキュリティを高めてくれる便利な機能ですが、場合によってはプラグインが正常に機能しないという弊害があることを忘れずにいたいです。
もっとも、注意書きに同じことが書いてありましたけど。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました