Googleアナリティクスでユーザーサマリーを設定する方法

アナリティクス
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

こんにちは。

ブログを運営していく上で自分のサイトを分析する作業はとても大事です。

サイト分析をするツールとしてGoogle Analyticsを利用している人は多いかと思いますが、なかなか機能を使いこなすのは難しいのではないでしょうか。

私も一部の機能を使うだけで精一杯ですけど、ある程度のサイトの利用状況は把握できています。

今回の記事では、一定期間のサイト利用状況を把握するのに便利なユーザーサマリーの設定方法について書きます。

私は複数のブログを運営していて、サイトごとにアナリティクスの計測を行っています。

ところが初歩的な設定ともいえるユーザーサマリーのページを設定するときにどうすれば良いか分からなかったので備忘録としても記録しておこうと考えたわけです。

手順さえ分かればあとは難しいことは何もないのですが、気づくまで時間がかかってしまいました(笑

「ホーム」ページの折れ線グラフ下に「ユーザーサマリー」と書かれたリンクがあります。

クリックすると「ユーザーサマリー」ページにアクセスします。

画面右上に左から「保存」「エクスポート」「共有」「インサイト」というリンクがあるので「保存」をクリックします。

「保存」をクリックしたら「レポートの保存」というウインドウが表示され、お好みのレポート名を入力します。

デフォルトでは「ユーザーサマリー」となっていて、そのままでも良ければ「OK」ボタンをクリックすると完了です。

Google Analyticsを使うにおいて他の項目も大切ですが、最低限ユーザーサマリーとリアルタイムデータはいつも確認しておく必要があります。

スポンサーリンク
Google アナリティクス
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
管理者について
Y2

2014年7月よりブログ開始。
2015年6月よりGoogle AdSenseに参入。
インターネットを使ったお金の稼ぎ方やPCに関する作業記録も紹介。

ネットでお金を稼ぐ男のブログ

コメントをどうぞ

トップへ戻る