AdSenseの貼り方とおすすめの種類って?

広告
この記事は約4分で読めます。

こんにちは。

今回はアドセンスの貼り方について書いていきます。

私も多くのサイトを見に回った方でもないですが、最近のサイトでは記事の中に貼るという方法が多く用いられています。

かくいう私も先達たちのアドバイスに従ってサイドバーには貼らずに記事の中だけにしています。
(このサイトでサイドバーにも広告を貼っていますが、別のサービスによるものです)

つまり、最近はPCよりスマホ(モバイル)からのアクセスが圧倒的に多いのでそれに合わせた貼り方だということです。

スポンサーリンク

今はPCよりモバイルからのアクセスの方が多い!

サイドバーに貼った場合モバイルだとかなり下方にくるのであまり意味をなさないというわけです。

ならば記事の中に貼るほうが見てもらえる確率も高くなります。

さらに、アドセンスの広告タイプにはさまざまなサイズのものがありますが、レクタングル大(336×280)レクタングル(300×250)さえあればOKのようです。

あるいはレスポンシブタイプを使うという手もありますが、ここで注意するべき点として、コードをそのまま使わずにサイズを指定してコードを改変する必要があります。

そうでないと、横長のタイプの広告が配信されたりすると画面からはみ出てしまうからです。

アドセンス広告のおすすめサイズは?

Google AdSenseの攻略法を紹介しているサイトがたくさんありますね。

自分が今まで見てきたなかでもレクタングルサイズレスポンシブは鉄板だと言われています。

あるいはPCの記事下にレクタングル大を二枚並べて貼るダブルレクタングル方式もよく取り上げられているのはご存知だと思います。

実際にやってみると、そもそもPCからのアクセス自体もそんな多くないだけでなく、クリックもされません。

そこでレクタングル大ではなく固定サイズで縦680mm横282mmに設定してみました。

AdSense広告のおすすめの種類は?

新しい広告サイズや種類が増えてきていて、どれを使ったら良いか迷ってしまいがちです。

しかも広告が設置できる枚数制限が撤廃されたことで、より多くの枚数を貼ることも可能になりました。

とはいえ効率よく成果を上げるには、検証をくりかえし行いもっとも効果の高い場所のみ貼るという方法の方がよいでしょう。

私もAdSenseに参入してからろくに稼げないですが、日々検証をくりかえし行っています。

私が利用している広告ユニットは次のとおりです。

記事内広告
レスポンシブ広告(横長サイズを指定する)
リンク広告(レスポンシブタイプを指定)
関連コンテンツ(一定条件を満たした場合のみ)

他にもタイプはありますが、これだけで十分だろうと考えています。

さきほどレクタングル大を二枚貼ったダブルレクタングルは効果が薄いと書きました。

かわりに設置するなら記事内広告かレスポンシブ広告にしたほうが良いという情報を得たのでさっそく実行しました。

今までPCとSPで広告ユニットを分けていましたが、共用する方法に戻してみました。

リンク広告の導入

Google AdSenseを初めて間もないころは、どんな広告サイズがふさわしいか分からない状態でした。

リンク広告というスタイルも、本当に効果があるのかも考えたこともなかったです。

2018年からリンク広告を導入しだすと一定の効果がありました。

人によってサイトによって効果の具合はまちまちですが…。

まったくクリックされないわけでもないので、ないより良いかなという程度で設置しています。

通常の広告ユニットに比べ2回クリックされてはじめて収益が得られるのでちょっとハードルが高いかも分かりません。

通常の広告ユニットに比べて誤クリックが少ないということで単価が下げられることもあまりないと言われています。

まとめ

私はこれまでいろいろなサイズの広告を試して試行錯誤を繰り返してきました。

ここで紹介した方法よりも最適な方策があるかもしれません。

今の時点では記事の中だけにレクタングルタイプを貼るというやり方で様子を見ていきたいと考えています。

ちなみに無料ブログの場合は、記事を投稿するごとに広告コードを貼らないといけないので非効率的です。

トップへ戻る