PCManFM(gtk)をroot(管理者)権限で開く方法

ファイルマネージャ 管理者権限

こんにちは。

前回の記事でDolphinにあるフォルダをroot(管理者)権限で開く方法について書きました。

その中でPCManFMもroot権限で使えるとは書いたものの、実際にはqtヴァージョンだけでした。
PCManFM-qt root
なので、gtkヴァージョンのPCManFMをroot権限で使えるようにする方法を紹介します。

/.local/share/applicationsroot_pcmanfm.desktop(ファイル名は任意でOK)を作成します。

/.localフォルダは、ホームフォルダ内の隠しファイルにあります。

右クリックで新規作成→空のファイルをクリックして新規ファイルを作成。

PCManFM 管理者権限
PCManFM 管理者権限
作成したら以下の内容をファイルに記入します。

[Desktop Entry]
Encoding=UTF-8
Type=Application
Name=root_pcmanfm(ファイル名は任意で)
Name[ja]=PCManFM (sudo)
Icon=system-file-manager
Exec=sudo pcmanfm %U
Comment[ja]=ルート権限でPCManFMを起動(任意の文章で)
Categories=Utility;
Terminal=true
Name[ja_JP]=PCManFM (sudo)
X-KeepTerminal=true

新規ファイルに上記の内容を書き込んだら、アイコンが生成されます。
PCManFM 管理者権限

作成したファイルがアプリケーションにあるアクセサリーフォルダに生成されていたら成功です。
PCManFM 管理者権限
フォルダを右クリックしてプロパティを開いたら表示される内容。
PCManFM 管理者権限
PCManFM(gtk)の場合、メニューバーや右クリックしたときにrootで開くなどといった項目は表示されません。

通常タイプでroot権限でフォルダを開くには、右クリックして「アプリケーションから開く」を選択します。

その中にさきほど作成した「PCManFM(sudo)」があるので、それを選択します。
PCManFM 管理者権限
クリックしたらrootパスワードが要求されるので、パスワードを入力します。

ところが、通常タイプでroot権限で開こうとしても無反応でした。

rootタイプはアプリケーション一覧に表示されるので、そこから操作することは可能です。

また、デスクトップのランチャー登録しておくことも可能です。

記事の作成には以下のサイトを参照しました。

PCmanFMをsudoで立ち上げる - Debian・winな備忘録:楽天ブログ
​​謹んで新年のお慶び申し上げます。本年もよろしくお願いいたします。 ​​ ​​​​​年初のお題は、PCmanFMをsudoで立ち上げる Debian LXDE gksuを使ったりしてみたが、PCmanFMからgeanyを呼んでも管理者権限が使え
スポンサーリンク
PCUbuntu
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
スポンサーリンク
ネットでお金を稼ぐ男のブログ

コメントをどうぞ

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました