SeaMonkeyをUbuntu20.04にインストールする方法

SeaMonkey アイキャッチ
この記事は約3分で読めます。

こんにちは。

Firefoxと同じGeckoエンジンを搭載したブラウザのひとつであるSeaMonkeyをUbuntu20.04にインストールする方法について紹介します。

SeaMonkeyはUbuntuの公式パッケージとして登録されていません。

なので、インストールするときは公式サイトにアクセスしてパッケージをダウンロードする必要があります。

スポンサーリンク

SeaMonkeyとは

SeaMonkeyはMozillaから独立した開発者グループSeaMonkey Councilによって開発されました。

2006年1月30日に初リリースされて以降、現在に至ります。

2020年11月11日の時点では、2.53.4が最新版です。(2.53.1ではFirefox ESR60.3に相当します)

このSeaMonkeyにはウェブブラウザだけでなく、電子メール(Thunderbirdに相当)・ニュースグループ・IRC各クライアントのほか、HTMLエディタもセットで搭載されています。

SeaMonkeyをインストールする方法

公式サイトへは以下のURLよりアクセス。

The SeaMonkey® Project

アクセスすると、トップページ右側に今使っているプラットフォームと言語が自動的に表示されるので、そのまま「Download Now」ボタンをクリックします。
SeaMonkey
あるいは、トップページ左側にある「Download and Releases」の項目をクリックして「Download Now」ボタンか、下にある各種言語別のダウンロードリストから選択してもオッケーです。

ちなみにLinuxは32bit版と64bit版が用意されています。

「Download and Releases」ページのトップにダウンロードボタンがあります。
SeaMonkey
下をたどっていくと日本語版パッケージがあります。
SeaMonkey
ダウンロードしたらパッケージを解凍します。

中にある「seamonkey」という実行ファイルをクリックしたらSeaMonkeyが起動します。

Linux用に提供されているパッケージが.deb形式がなくて、.tar.bz2形式のみです。

DebianやUbuntuでは.deb形式ですがファイルを実行させることは可能です。

まとめ

ランチャーにお気に入り登録はできません。

日本語版パッケージが用意されているので、ブラウザから日本語化させる必要がないのが嬉しいですね。

SeaMonkeyはFirefoxを模しているとはいえ、現行ヴァージョンに準じているわけではありません。

そのため利用できるアドオンもかなり限られてしまうのが難点です。

個人的な感想として、常時使うブラウザにするより実験的に使ってみるくらいに考えたほうが良さそうだと感じました。

※追記(2021.5.1)
記事を投稿した際に、SeaMonkeyはFirefoxの派生ブラウザであると書いていました。

読者様の指摘によって記事の一部を訂正しました。

コメントをどうぞ

  1. 年寄り より:

    seamonkeyはFirefoxの派生ではありません。
    Firefoxがseamonkeyの派生です。
    厳密には、Netscapeの直系がseamonkeyで、派生がFirefoxです。

    少し調べれば子供でも辿り着くような簡単な事実を、思い込みだけで間違った記事にするのは良くないことです。

    • Y2Y2 より:

      年寄りさんへ。

      コメントありがとうございます。

      ご指摘どおりSeaMonkeyはFirefoxの派生ブラウザとは書かれていませんでした。

      間違った情報を書いてしまいご迷惑おかけしました。

      申しわけございません。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました