Google AdsenseからPINコード通知書が届いた。

この記事は約2分で読めます。

こんにちは。

先日、ようやくGoogle Adsenseから収益の支払いに必要になってくるPINコードの記載された通知書が自宅に届きました。

自分の考えではアメリカから郵送されてくるのかな、と思っていたのですが、発送先がTAIPEIと書かれていて台湾からの発送だっとことを知りました。

おそらく日本を含めアジア地域は台湾から発送するというシステムになっているのかなと思うのですが、実際のところはどうなんでしょうね?

スポンサーリンク

アカウント有効化からPINコードが届くまで

PINコードが送られてくるための条件を確認しておきます。

GoogleからPINコードが送られてくるための条件=確定収益が1000円以上に到達すること

私がアドセンスアカウントを取得してからPINコードが送られてきた期間は以下のとおりです。

アドセンスのアカウント有効化からPINコード到着までの期間=2015年7月2日〜2016年9月26日

なんと1年以上もかかってしまいました…

PINコードが手元に届いた時点では1000円には到達しておらず、翌月には確定する手はずになっているので当月中に受け取り先指定をすることは出来ません。

ひとまずPIN送信を終わらせたことで収益の受け取りが可能になった点は大きいです。

PINコード入力は慎重に!3回間違えると利用停止に

PINコードは6ケタの数字(※2016年時点)

この時注意をすべきなのは、PINを入力するときに3回間違えた場合利用停止になってしまうので入力を終えて送信する前に今一度確認をするようにしましょう。

せっかく送られてきたPINを間違えたことによって今までの苦労が水泡に帰しては元も子もないですから。

PINコード通知書の再送は3回まで受け付けてもらえます。

まとめ

グーグルアドセンスで収益化を図るには不可欠なPINコードに関する内容でした。

送られてきたハガキを見たら、さぞびっくりするかもしれませんが取り扱いは慎重におこないましょう。

PINコードが送られてこない、というユーザーの方もおられます。

一例として、情報入力画面での入力間違いやパソコンからではなくスマホから入力したりといったケースです。

郵便番号の入力はハイフン無しでするとか。

重要な情報を入力する場合はスマホではなくパソコンから行うことが鉄則とのことです。(以上、Yahoo!知恵袋でのやりとりにて)

ということで今回はGoogle AdsenseからPINコード通知書が届いた話をお送りしました。

トップへ戻る