Ubuntu20.04から20.10にアップグレードする方法

ubuntu
この記事は約2分で読めます。

こんにちは。

2020年10月にUbuntu20.10がリリースされたのでアップグレードしました。

特にアップグレードする必要はないかもしれませんが、どんな感じなのか興味があったので実行しました。

安定性を重視するなら見送ったほうがよいかもしれません。

サポート期間は通常リリースのため9か月で、2021年7月までサポート提供されます。

Ubuntu20.10の新機能については以下の公式サイトにて紹介されています。

GroovyGorilla/ReleaseNotes/Ja - Ubuntu Wiki

仮想環境が使えるなら、テストとしてチェックするのもひとつの手でしょう。

sudo apt update
sudo apt upgrade
sudo dist-upgrade

sudo gedit /etc/update-manager/release-upgradesでPrompt=rormalになっていること
(テキストエディタはgedit以外にもあるので適宜変えてください)
sudo do-release-upgrade
sudo do-release-upgrade -d(上のコマンドが効かない場合はこちら)

おそらく、上記で記したコマンドを実行すればアップグレードが開始されるかと思います。
Ubuntu アップグレード
sudo apt upgradeだけではディストーションのアップグレードは開始されず、インストールされているパッケージのアップグレードだけです。

アップグレードの途中で、以下のようなアナウンスがあります。

アップグレードが完了したら、ソフトウェアソースにてリポジトリ情報を書き換える必要があります。
Ubuntu Upgrade
アップグレードの完了です。

完了するまでの時間ですが、私の場合はおよそ1時間30分ほどでした。
Ubuntu アップグレード
2021年4月22日にUbuntu21.04がリリースされたので、利用するなら21.04にアップグレードすることをおすすめします。

サポート期間は9か月で、2022年1月までサポートの提供がされます。

コメントをどうぞ

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました