アドセンスの広告でブロックするべきドメインとは

広告 ブロック
この記事は約2分で読めます。

こんにちは。

グーグルアドセンスで新しく広告が配信されたら管理画面の広告レビューセンターにて確認ができます。

この項目にて配信するべきかどうか判断できるわけですが、中には判断が難しい広告もあり迷うことがあります。

例えば、外国語で配信されたものならフィルターですばやく判別してブロックできますが、日本語であっても内容が不適切なものなら判断しやすいですが分かりにくいものもあるので時間がかかってしまいます。

トップレベルドメインで判断する方法がありますが、必ずしも不審な広告とも断言できないので、あくまで一つの方法に過ぎないのですが。

ふつうは.comや.jpなどが多いかと思います。

中には以下のようなドメインのURLの広告が配信されていることがあります。

.xyz .biz .site .org .store .cc .io .linkなど。

こういった見慣れないドメインを含むものは注意しておく必要があるのではないかと思います。

ほかには広告内のテキストで不自然な日本語で書かれたものなども注意したほうがよいでしょう。

YahooやGoogleでURLを検索してサイト内容を確認するとよいのですが、以下のサイトがおすすめです。

aguse.jp: ウェブ調査
あやしいサイトや知らないサイトを訪れる前に、URLを入力するだけでサイト背景情報を調査したり、迷惑メールの送付経路を表示したりすることが出来ます。

実際にサイトにアクセスすることなくどんなサイトなのか情報を得ることができます。

スポンサーリンク
Google アドセンス
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
管理者について
Y2

2014年7月よりブログ開始。
2015年6月よりGoogle AdSenseに参入。
インターネットを使ったお金の稼ぎ方やPCに関する作業記録も紹介。

ネットでお金を稼ぐ男のブログ

コメントをどうぞ

トップへ戻る