Windows10のスタートメニューをクラシックタイプにする

Windows10 クラシックメニュー

こんにちは。

Windowsのオールドユーザにとってスタートメニューが昔ながらのものの方が使いやすく感じるではないでしょうか。

Windows7からこれまでのメニュー表示でなくなった気がして、最初はとまどいました。

クラシックメニューにカスタマイズできるアプリケーションがあるので紹介します。

「Classinc Shell」という名前で、かつてはこのアプリを愛用していました。

窓の杜にも紹介されていますが、公式サイトがSSL対応されてないのが気がかりです。

窓の杜
「Classic Shell」7/8/8.1/10のスタートメニューなどをXP風に変更できるソフト

そこで、同じようなアプリとして「Open Shell」というものがあります。

このアプリは窓の杜サイト内にはありません。

公式サイトは存在せず、Github内にあります。

GitHub - Open-Shell/Open-Shell-Menu: Classic Shell Reborn.
Classic Shell Reborn. Contribute to Open-Shell/Open-Shell-Menu development by creating an account on GitHub.

公式サイトからダウンロードしてインストールします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Classic ShellとOpen Shellの違いについて

大きな違いはないものの、適用できるスキンの種類に違いがあります。

Vista AeroとWindows 7 AeroとWindows 7 BasicはClassic Shellのみです。

Classic styleスキンの種類について

私は3種類あるメニューレイアウトの中から「Classic style」を選択しました。

「Classic style」には8種類のスキンが用意されています。(スキンを使用しないを含めると9種類)

左から①<スキンを使用しない>②Classic Skin③Full Glass
Open-Shell クラシック
左から④Metro⑤Smoked Glass⑥Windows 8
Open-Shell クラシック
左から⑦Windows Aero⑧Windows Basic⑨Windows XP Luna
Open-Shell クラシック
OKボタンを押したら、即反映され右画像のように変更されます。

もし変更する場合はアイコンの上で右クリックをして設定を選択します。
Open-Shell

まとめ

個人的には「Classic Skin」が一番しっくりとくるなあ、と感じました。

スポンサーリンク
PCWindows10
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ネットでお金を稼ぐ男のブログ

コメントをどうぞ

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました