UbuntuでNextcloudをインストールし同期させる方法

Nextcloud
この記事は約2分で読めます。

こんにちは。

Ubuntuで利用できるクラウドサービスについて過去に記事を書きました。

今回はサーバーにクラウドサービスを構築して利用するタイプのNextcloudについて取り上げます。

このNextcloudというものは、DropboxやGoogle Drive、OneDriveなどのようにパッケージをインストールすれば使えるというわけではありません。

スポンサーリンク

Nextcloudをインストールする

Ubuntu Softwareや公式サイトからダウンロードしてインストールできます。

公式サイトはこちら。

Nextcloud
Nextcloud is the most deployed on-premises file share and collaboration platform. Access & collaborate across your devices. Your data remains under your control...

公式サイトには「Server」「Desktop」「Mobile」の3種類が用意されています。

Serverにあるserver packageをクリックしてzipファイルをダウンロード。

次にweb installerをクリックします。

1.ここを右クリックして、ファイルをコンピューターに保存します
2.setup-nextcloud.phpをWebスペースにアップロードします
3.ウェブブラウザでウェブスペースのsetup-nextcloud.phpを指定します
4.指示に従ってNextcloudを構成します
5.新しく作成したNextcloudインスタンスにログインします。
(公式サイトの説明文を和訳)

Nextcloudを同期する方法

DesktopはWindows、MacOS、Linuxで利用可能です。(AppImageのことです)
インストールが完了したらログインしましょう。
Nextcloud ログイン
Nextcloudを同期して利用するためには、アプリイメージをダウンロードします。

右クリックでプロパティのパーミッションを表示します。

下に「ファイルを実行可能にする」の項目にチェックを入れます。

チェックを入れ終えたらアイコンをダブルクリックすると「ファイルを実行」メニューが表示されるので「実行」をクリックします。
Nextcloud AppImage
同期が完了したら次のように表示されます。

同期させるフォルダを追加することもできます。
Nextcloud 同期

Ubuntu SoftwareにもsnapパッケージでNextcloud desktop sync clientというアプリが用意されています。

まとめ

これまでのタイプのクラウドサービスに比べると難易度が高いかと思います。

手順通りにすれば利用できるでしょう。

スポンサーリンク
PCubuntu
管理者について
Y2

2014年7月よりブログ開始。
2015年6月よりGoogle AdSenseに参入。
インターネットを使ったお金の稼ぎ方やPCに関する作業記録も紹介。

ネットでお金を稼ぐ男のブログ

コメントをどうぞ

トップへ戻る